スポンサードリンク

2012年03月31日

「目黒通りに台湾料理店「巧匠」−500円ランチも提供 /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)」の最新ニュースに注目です!

「目黒通りに台湾料理店「巧匠」−500円ランチも提供 /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)」に関するニュース最新の話題です。
本日の「目黒通りに台湾料理店「巧匠」−500円ランチも提供 /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)」に関して、新しいニュースが報道されました。
この記事は要チェック!見逃せませないニュースです!


Yahoo!ニュース
目黒通りに台湾料理店「巧匠」−500円ランチも提供 /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)

 目黒通りの上大崎交差点角に3月8日、台湾料理店「巧匠(チャオジャン)」(品川区上大崎2、TEL 03-3444-8288)がオープンした。店舗面積は26坪で、席数は50席。(品川経済新聞)


【画像】 「巧匠」特製ラー油3種類


 ケータリング専門店「チャイナキッチン」「杏屋」を展開する山本義益さんらが共同経営する同店。山本さんは台湾出身で、15歳で来日した。代官山の中華料理店で総料理長を務めたこともあるという。



 メニューは「ミミガーのしょうゆ味冷菜」「豚足コラーゲンの美容煮」(以上320円)などの前菜や、大皿料理の「酢豚」(780円)、「ホイコーロー」「ユウリンチ」(以上880円)など。点心は「小龍包(ショウロンポウ)」(3個350円)、「フカヒレギョーザ」(3個350円)、「エビワンタン」(250円)など約15種類を用意する。



 ティータイムには飲茶を提供。お茶は「薔薇茶」「菊茶」「茉莉茶」(以上1人前500円)などをそろえ、全てオーナー・スタッフが中国で買い付けているという。デザート系の点心は常時約5種類(150円?)。を用意するほか、「杏仁(あんにん)豆腐」(420円)、「タピオカ」「ピーナツ豆腐」(以上380円)なども。



 平日限定で週替わりのランチメニュー(500円?)も用意する。「白金台に近いこのエリアでは、ワンコインランチを提供している店は少ない。手作りの本格台湾料理を、手頃な価格で楽しんでもらえれば」とスタッフの麗さん。



 麗さんは「私は中国出身なので台湾料理にはなじみがなく、初めて食べたときはおいしさに驚いた。中華料理は揚げ物が多く油っぽいイメージがあるが、台湾料理はもっとさっぱりしている。日本人の口に合うのでは」と話す。テークアウトのみの利用にも対応する。



 営業時間は、ランチ=11時30分?14時、ティータイム=14時?17時、ディナー=17時?23時。





【関連記事】

白金台に飲茶カフェ「PANDA INN」?目印は壁面のパンダ(品川経済新聞)

荏原町商店街に中華料理店?粥・点心など本格香港料理を提供(品川経済新聞)

目黒にカジュアルダイニング「クイーンズ」?アメリカンダイナーをイメージ(品川経済新聞)

目黒に海鮮酒場「丸冨水産」?初日にマグロの解体ショー(品川経済新聞)

ホテルオークラ東京に食べ放題の飲茶専門店?カジュアル中華から転換(新橋経済新聞)




これからも最新ニュースやトピックスをどんどんお届けしていきます。
「目黒通りに台湾料理店「巧匠」−500円ランチも提供 /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)」のようなタイムリーな話題に関する情報をチェックしてみてください!
是非またお?ち寄り下さいね!



posted by みなみ7sje at 03:35| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。