スポンサードリンク

2012年03月15日

「横須賀美術館、「魔法の笛吹き」コンサート−閉館後に展示室活用 /神奈川(みんなの経済新聞ネットワーク)」の最新ニュースに注目です!

「横須賀美術館、「魔法の笛吹き」コンサート−閉館後に展示室活用 /神奈川(みんなの経済新聞ネットワーク)」に関するニュース最新の話題です。
本日の「横須賀美術館、「魔法の笛吹き」コンサート−閉館後に展示室活用 /神奈川(みんなの経済新聞ネットワーク)」に関して、新しいニュースが報道されました。
この記事は要チェック!見逃せませないニュースです!


Yahoo!ニュース
横須賀美術館、「魔法の笛吹き」コンサート−閉館後に展示室活用 /神奈川(みんなの経済新聞ネットワーク)

 横須賀美術館で3月31日、閉館後の展示室をコンサート会場として使い、美術品に囲まれて演奏するファミリーコンサート「魔法の笛吹き」が開催される。   (横須賀経済新聞)



 同コンサートでは、リコーダー・フルート・オカリナ・ケーナなどいろいろな笛を織り交ぜ、クラシックからアニメソングまで幅広い曲を演奏。曲目はバレエ音楽「くるみ割り人形」より「葦笛の踊り」、歌劇「フィガロの結婚」序曲、ディズニー・オン・パレードなど。出演はフルート四重奏団「ル・ヴァン・ファントーム(幻の風)」。



 同グループは、1983年よりサロンコンサートを中心に活動を続け、フルートほかさまざまな笛や打楽器なども取り入れてユニークなサウンドを創り出している。メンバーは、一村誠也さん、大島美香さん、鈴木章浩さん、武田香奈子さん(ピアノ)ら。



 開催時間は18時?19時。定員200人。高校生以上は所蔵品展の観覧料300円が必要。応募は往復ハガキ、またはEメール(kouhou@city.yokosuka.kanagawa.jp)で。1通4人まで。問い合わせは同美術館(TEL 046-845-1211)。



【関連記事】

横須賀美術館、正岡子規&「坂の上の雲」展開催?12日は観覧無料に(横須賀経済新聞)

海が見える美術館でウエディング?横須賀美術館、自然ロケーションが好評(横須賀経済新聞)

横須賀美術館、「トリック&ユーモア展」が盛況?独創的なトリックアートが話題に(横須賀経済新聞)

「絶景美術館」全国トップ5に横須賀美術館?アート情報サイトで好評(横須賀経済新聞)

横須賀美術館




これからも最新ニュースやトピックスをどんどんお届けしていきます。
「横須賀美術館、「魔法の笛吹き」コンサート−閉館後に展示室活用 /神奈川(みんなの経済新聞ネットワーク)」のようなタイムリーな話題に関する情報をチェックしてみてください!
是非またお?ち寄り下さいね!



posted by みなみ7sje at 22:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「米リバーシブルデニムブランド「ブルーラブ」、東急プラザ表参道原宿に初出店 /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)」の最新ニュースに注目です!

「米リバーシブルデニムブランド「ブルーラブ」、東急プラザ表参道原宿に初出店 /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)」に関するニュース最新の話題です。
本日の「米リバーシブルデニムブランド「ブルーラブ」、東急プラザ表参道原宿に初出店 /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)」に関して、新しいニュースが報道されました。
この記事は要チェック!見逃せませないニュースです!


Yahoo!ニュース
米リバーシブルデニムブランド「ブルーラブ」、東急プラザ表参道原宿に初出店 /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)

 4月18日に開業する商業施設「東急プラザ 表参道原宿」(渋谷区神宮前4)3階に同日、LA発リバーシブルデニムブランド「BLEULAB(ブルーラブ)」がオープンする。(シブヤ経済新聞)


【画像】 表と裏で色が異なる「ブルーラブ」のリバーシブルデニム


 出店場所は交差点に面したエントランスの上部に位置するポップアップスペース「OMOHARA STATION」。第1弾ブランドとして国内初出店する。



 「昼と夜で違うジーンズを着たい」という思いからデザイナー、カール・ジョーンズさんが立ち上げたブルーラブ。大学でファッションを専攻したジョーンズさんは卒業後いくつかのファッション企業に勤務。2009年、中国を旅行中に両面使える生地を見つけ、アメリカに持ち帰り、研究・加工を重ね世界で初めて一枚生地で仕立てるリバーシブルデニムを開発(特許取得済)した。



 今回国内初上陸・出店となる同店では、オリジナルカラーデニムを販売予定。商品価格帯は2万1,480円?。



 営業時間は11時?21時。5月31日まで。





【関連記事】

東急プラザ表参道原宿にポップアップスペース「OMOHARA STATION」(シブヤ経済新聞)

阪急百貨店で「デニム アート チャリティー」?クリエーターが残布で制作(梅田経済新聞)

松屋銀座と銀座三越、「ジャパンデニム」テーマに2度目のコラボ(銀座経済新聞)

「東急プラザ 表参道原宿」外観お披露目?建築家・中村拓志さんに聞く(シブヤ経済新聞)

BLEULAB




これからも最新ニュースやトピックスをどんどんお届けしていきます。
「米リバーシブルデニムブランド「ブルーラブ」、東急プラザ表参道原宿に初出店 /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)」のようなタイムリーな話題に関する情報をチェックしてみてください!
是非またお?ち寄り下さいね!



posted by みなみ7sje at 17:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ギンザコマツ開業迫る−ドーバー ストリート マーケットも /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)」の最新ニュースに注目です!

「ギンザコマツ開業迫る−ドーバー ストリート マーケットも /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)」に関するニュース最新の話題です。
本日の「ギンザコマツ開業迫る−ドーバー ストリート マーケットも /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)」に関して、新しいニュースが報道されました。
この記事は要チェック!見逃せませないニュースです!


Yahoo!ニュース
ギンザコマツ開業迫る−ドーバー ストリート マーケットも /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)

 「ユニクロ銀座」「ドーバー ストリート マーケット ギンザ・コム デ ギャルソン」「ローズベーカリー銀座」など話題のショップが出店する新商業施設「ギンザコマツ」(中央区銀座6)の開業日が3月16日に迫った。(銀座経済新聞)



 中央通りに面する東館と、すずらん通りに面する西館とで構成する同ビル。東館にはユニクロのグローバル旗艦店「ユニクロ銀座」が単独出店。世界最大となるショップでイベントフロア、世界唯一の「UTストア」など独自の構成で展開。アンダーカバーとのコラボコレクション「UU」を10階で先行発売するなど、注目が集まる。



 西館ではキーテナントとして、デザイナー川久保玲さんがディレクションするコンセプトストア「ドーバー ストリート マーケット ギンザ・コム デ ギャルソン」が1階?6階に開店を控えている。「Comme des Garçons」「Ganryu」「PLAY Comme des Garçons」「Tricot Comme des Garçons」などの自社ブランドのほか、同店オフィシャルサイトには「A Bathing Ape」「Chrome Hearts」「mastermind JAPAN」など国内外の人気ブランドが名を連ね、参画ブランド数は自社ブランドを含めて70以上を数える。



 同店では「Adam Kimmel」のショップインショップの出店が明らかになっているほか、3階には「Louis Vuitton」の常設スペースが設けられ、年間を通して定期的に話題を提供していく見込み。オープン時には、「A BATHING APE」「Supreme」とのコラボアイテムなども限定販売される。 



 西館7階の飲食フロアには、パリ発のカフェ「ローズベーカリー銀座」、小松ストアープロデュースの会員制バー「KOMATSU BAR」が出店。



 営業時間は11時?21時(ローズベーカリーは土曜・日曜・祝日9時?、KOMATSU BARは16時?24時)。KOMATSU BARは日曜・祝日定休。



【関連記事】

銀座にユニクロ世界最大店オープンへ?NY五番街店しのぐ1500坪(銀座経済新聞)

「ギンザコマツ」開業日は3月16日?ユニクロ世界最大店出店へ(銀座経済新聞)

日本初のグローバル旗艦店「ユニクロ心斎橋店」開業?1,000人が行列(なんば経済新聞)

ユニクロ銀座店跡に低価格衣料「ジーユー」旗艦店?3月30日開業へ(銀座経済新聞)

ギンザコマツ




これからも最新ニュースやトピックスをどんどんお届けしていきます。
「ギンザコマツ開業迫る−ドーバー ストリート マーケットも /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)」のようなタイムリーな話題に関する情報をチェックしてみてください!
是非またお?ち寄り下さいね!



posted by みなみ7sje at 12:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「大丸梅田店で「MADE IN JAPANクラフトフェア」−気鋭の職人を特集 /大阪(みんなの経済新聞ネットワーク)」の最新ニュースに注目です!

「大丸梅田店で「MADE IN JAPANクラフトフェア」−気鋭の職人を特集 /大阪(みんなの経済新聞ネットワーク)」に関するニュース最新の話題です。
本日の「大丸梅田店で「MADE IN JAPANクラフトフェア」−気鋭の職人を特集 /大阪(みんなの経済新聞ネットワーク)」に関して、新しいニュースが報道されました。
この記事は要チェック!見逃せませないニュースです!


Yahoo!ニュース
大丸梅田店で「MADE IN JAPANクラフトフェア」−気鋭の職人を特集 /大阪(みんなの経済新聞ネットワーク)

 大丸梅田店(大阪市北区梅田3、TEL 06-6343-1231)8階紳士雑貨中央イベントスペースで3月14日、MADE IN JAPAN クラフトフェア「ジャパン・クオリティ 物士(もののふ)」が始まった。(梅田経済新聞)


【画像】 レディオアオーダーの財布「YOASOBI」


 日本のものづくりの伝統と品質を守る、若い感性をもった職人を「武士(もののふ)」に例え、「物士(もののふ)」として紹介する同フェア。売り場には桜の生木を配置し、日の丸をアレンジしたロゴ、畳を使ったディスプレーなどで「JAPAN」を感じさせる売り場を表現した。



 「レディオアオーダー」では、パイソンの端材をパッチワーク風につないだ財布「YOASOBI」(1万5,750円)などを販売。オーナーでデザイナーの井戸崇史さんが「夜遊びに行く時に前ポケットにも入る粋な財布が欲しい」と作ったもの。「カードと札が入るギリギリの大きさ」で、カラーバリエーションも豊富。既製品のほかオーダーも受け付け、「ファスナーの向きを逆にするなど、左利き用にも対応する」という。



 イタリア伝統の「バケッタレザー」にこだわる「エスペラント」は、イタリアの名門「バタラッシィ・カルロ社」の革職人シモーネ・レミさんと意気投合し、作り上げたオリジナルの革「エスペラントレザー」を使った財布やバッグを販売。「誰にもまねされないような見る角度によって変わる革を作った」といい、「日本のものづくりの底上げに貢献できれば」と、メード・イン・ジャパンにこだわった製品をそろえる。



 大国町にショップを構える「Munekawa(ムネカワ)」は、植物タンニンなめしの革を使い「愛着を感じてもらえるまで使えるように補強している」という財布やショルダーバッグを販売。「とにかく長く使ってもらいたい」と、二つ折り財布は手縫いでより糸締まりをよくし裏地も革のまま作る。「プレートを入れずポケットに入れやすいように工夫した」という靴べら(1,900円)などの革小物も販売する。



 革のカラーが独特な「YUHAKU(ユハク)」は、絵描きを目指していた仲垣友博さんが革をキャンバスに見立て、4?8色の色を重ねて染め上げる独自の手染め技法を強みとするブランド。店頭に出ている商品に好きな色がないことから染色を始めたといい、二つとない商品を作る。



 「クランキー・H・バード」は、ハンドカービングを得意とするブランド。「カービングをするとベタなアメカジになるところをかっこいいデザインにしている」と同店バイヤーの垂水雅和さん。姫路を拠点とする靴製作の「エスペルト」は、「ちゃんとした靴を作る責任」をコンセプトに、日本人の足型に合わせた靴作りを続けるブランド。既製品で合わない場合は同額でオーダーも受ける。「あつらえ靴は敷居が高いという考え方を変えていければ」と同社の酒井政聡さん。



 垂水さんは「こだわりを持つ人に支持されているブランドを集めたので、職人と会話しながら買い物を楽しんでもらえれば」と話す。



 営業時間は、日曜?木曜=10時?20時30分、金曜・土曜=10時?21時。今月27日まで。





【関連記事】

「エスペラントレザー」を使った財布(関連画像)

5色の定番商品とオーダー財布を販売する「Munekawa」(関連画像)

独自の手染め技法で染め上げる「YUHAKU」(関連画像)

靴製作の「エスペルト」(関連画像)

大丸梅田店




これからも最新ニュースやトピックスをどんどんお届けしていきます。
「大丸梅田店で「MADE IN JAPANクラフトフェア」−気鋭の職人を特集 /大阪(みんなの経済新聞ネットワーク)」のようなタイムリーな話題に関する情報をチェックしてみてください!
是非またお?ち寄り下さいね!



posted by みなみ7sje at 06:59| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「サンロードに「働く女性向け」の写真・雑貨セレクト店−「カメラのアマノ」が新業態 /愛知(みんなの経済新聞ネットワーク)」の最新ニュースに注目です!

「サンロードに「働く女性向け」の写真・雑貨セレクト店−「カメラのアマノ」が新業態 /愛知(みんなの経済新聞ネットワーク)」に関するニュース最新の話題です。
本日の「サンロードに「働く女性向け」の写真・雑貨セレクト店−「カメラのアマノ」が新業態 /愛知(みんなの経済新聞ネットワーク)」に関して、新しいニュースが報道されました。
この記事は要チェック!見逃せませないニュースです!


Yahoo!ニュース
サンロードに「働く女性向け」の写真・雑貨セレクト店−「カメラのアマノ」が新業態 /愛知(みんなの経済新聞ネットワーク)

 名古屋駅地下街サンロードの写真店「カメラのアマノ」が3月14日にリニューアルし、写真と雑貨のセレクト店「memini(メミニー)」(名古屋市中村区名駅、TEL 052-586-2267)としてオープンした。(名駅経済新聞)


【画像】 人気の写真プリントの受付台も豊富に設置


 「大切な人への贈り物」をコンセプトにする同店は、これまでの「カメラのアマノ」のイメージを一新。店舗面積は約16坪で、アンティーク調の落ち着いた木の什器でシックな印象を演出している。セレクトする雑貨類にもこだわり、「それぞれにストーリーがあるもの、自分にも大切な人へも思いを込めて贈りたくなるものをテーマにセレクトした」と同社広報担当の板山さん。20?40代の働く女性をメーンターゲットに据える。営業時間も通常の雑貨店よりも早く、8時から営業していることも特徴。



 「店名はラテン語で『覚えている』という動詞『memini』に由来している」という。「写真は何気ない大切な瞬間をとどめてくれるもの。そうした写真を添えた贈り物は、贈る側も受け取る側も記憶に残るものになるのでは。そうした瞬間を作るお手伝いができれば」



 写真店「カメラのアマノ」は現在、東海エリアを中心に52店舗を展開。中でもトップの売り上げを誇る「サンロード店」をリニューアルし、新ブランドを立ち上げた。経緯について、板山さんは「現在、カメラのアマノでは、全体の売り上げの63%をDPEが占めているが、2年前から新たに導入した雑貨類が予想を超えて販売実績を順調に伸ばしている。最近では『カメラ女子』をテーマに、一眼レフやトイカメラなどの特集が、女性誌などで多く見られるようなってきたことなどもあり、当社の取扱雑貨の中でも『マスキングテープ』など写真を飾るアイテムが売り上げを引き上げてきた。この傾向は今後もさらに伸びが期待できるため、第2ブランド店の開業を決めた」と話す。「1号店としてサンロードの店舗を選んだのは、女性客の利用が8割と、他の店舗に比べて高いことが一番の理由。新たなブランドを立ち上げる今回、この店でのお客さまの反応が今後の展開の指標になってくる」と期待を込める。



 営業時間は8時?20時50分 (日曜日と祝日は8時?20時30分)。





【関連記事】

「3.11以後、建築家らは世界をどう見るか」?表参道で展覧会

日常の「ヘンテコ」を撮った女子大生の作品展?学芸大の写真店で開催

NYに東京・大阪・京都のギャラリーが集結?現代アート展「New City Art Fair」開催へ

四条烏丸で学生が旅の写真展「トラベ・リング」?登山家の山田淳さん招きイベントも

memini




これからも最新ニュースやトピックスをどんどんお届けしていきます。
「サンロードに「働く女性向け」の写真・雑貨セレクト店−「カメラのアマノ」が新業態 /愛知(みんなの経済新聞ネットワーク)」のようなタイムリーな話題に関する情報をチェックしてみてください!
是非またお?ち寄り下さいね!



posted by みなみ7sje at 02:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。