スポンサードリンク

2012年03月22日

「黄金町のカフェ併設お茶専門店「きぃ房茶」が手づくり「あったか杏仁豆腐」 /神奈川(みんなの経済新聞ネットワーク)」の最新ニュースに注目です!

「黄金町のカフェ併設お茶専門店「きぃ房茶」が手づくり「あったか杏仁豆腐」 /神奈川(みんなの経済新聞ネットワーク)」に関するニュース最新の話題です。
本日の「黄金町のカフェ併設お茶専門店「きぃ房茶」が手づくり「あったか杏仁豆腐」 /神奈川(みんなの経済新聞ネットワーク)」に関して、新しいニュースが報道されました。
この記事は要チェック!見逃せませないニュースです!


Yahoo!ニュース
黄金町のカフェ併設お茶専門店「きぃ房茶」が手づくり「あったか杏仁豆腐」 /神奈川(みんなの経済新聞ネットワーク)

 お茶専門店「きぃ房茶」(横浜市中区黄金町2、TEL 050-5821-4606)は、体にやさしい「あったか杏仁豆腐」を期間限定で提供している。(ヨコハマ経済新聞)


【画像】 手作り「あったか杏仁豆腐」と「凍頂烏龍茶」


 「きぃ房茶」は、カフェを併設したお茶専門店。日本茶・台湾茶・中国茶などを販売する。アジアンテイストを基調にした3階建て店舗で、1階に販売店、2階に喫茶スペースを設ける。店舗面積は約46平方メートル(1・2階)、席数はテーブル席8(2階)。黄金町の空き店舗をリノベーションし、2010年9月に開業した。



 同店のデザートはすべて手作りで、「温(あったか)・杏仁豆腐」は、寒いときに体にやさしいスイーツとして、店長の木川良子さんが考案。もちもち感を残した舌触りなめらかな味わいで、ジャスミン茶シロップをかけて食べる。価格は350円。台湾の代表的な「凍頂(とうちゅう)烏龍茶」と相性がいいという。



 「杏仁そうは喉に効能があり、風邪を引いた方にもおすすめ。おもちのような食感が特徴で、あたたかく体にやさしいヘルシーなデザートとしても好評です」と木川さん。



 日本茶は、深蒸し煎茶「山本さんの森のお茶」(500円)、煎茶「丹野さんの川根煎茶」(500円)、「杉本さんの無農薬茶」(500円)、玉露「星野村の八女玉露」(600円)、花粉症におすすめの粉末茶「紅ふうき緑茶」(735円)など、店長が各地の生産農家を巡り仕入れた選りすぐりのお茶を提供している。



 2階のカフェでは、世界各国のお茶をはじめ、チャイ、オリジナルハーブティー、ほうじ茶酒、手作りデザート。そのほか、ランチタイムに和風の肉みそを使った「特製タコライス」、夜カフェでは「プーアール茶煮ブタ丼」を用意する。



 木川さんは「お茶好きの私が、一人でも多くの方においしいお茶を味わってほしいと思いオープンしたお店です。お茶と一緒にたのしめるおいしいデザートを毎月開発していますので、気軽にお声掛けいただけたら」と話している。



 営業時間は12時?22時(日曜・月曜は19時まで)。ランチ=12時?14時30分、夜カフェ=18時?。木曜定休。「あったか杏仁豆腐」の提供は4月末まで。





【関連記事】

手作り「あったか杏仁豆腐」(関連画像)

崎陽軒が春季限定「横濱月餅 さくら」-桜の花びら入り(ヨコハマ経済新聞)

関内のマッコリキッチン「MACCORURI」がリニューアルオープン(ヨコハマ経済新聞)

野毛の老舗ジャズ喫茶「ちぐさ」が復活-元常連客らが運営(ヨコハマ経済新聞)

きぃ房茶




これからも最新ニュースやトピックスをどんどんお届けしていきます。
「黄金町のカフェ併設お茶専門店「きぃ房茶」が手づくり「あったか杏仁豆腐」 /神奈川(みんなの経済新聞ネットワーク)」のようなタイムリーな話題に関する情報をチェックしてみてください!
是非またお?ち寄り下さいね!



posted by みなみ7sje at 19:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「小田原城木造化による城普請シンポ開催へ−総構見学ツアーも実施 /神奈川(みんなの経済新聞ネットワーク)」の最新ニュースに注目です!

「小田原城木造化による城普請シンポ開催へ−総構見学ツアーも実施 /神奈川(みんなの経済新聞ネットワーク)」に関するニュース最新の話題です。
本日の「小田原城木造化による城普請シンポ開催へ−総構見学ツアーも実施 /神奈川(みんなの経済新聞ネットワーク)」に関して、新しいニュースが報道されました。
この記事は要チェック!見逃せませないニュースです!


Yahoo!ニュース
小田原城木造化による城普請シンポ開催へ−総構見学ツアーも実施 /神奈川(みんなの経済新聞ネットワーク)

 小田原市立三の丸小学校体育館(小田原市本町)で4月7日、「小田原城木造化を考えるシンポジウム」が開催される。主催は「小田原 城普請会議」。(小田原箱根経済新聞)



 本物の小田原城を次なる世代に残したいと活動をしている同団体は小田原市の後援を得て、小田原城天守閣の木造化を目指している。



 昭和35年に「戦後復活のシンボル」として再建された現在の小田原城。天守閣はコンクリート造りで、寿命や耐震強度などから補強を考え始める時期に来ている。同シンポジウムは「小田原城歴史」、「木造化の可能性」、「伝統を未来につなぐ」などをテーマに開催。専門化と市民が参加し、本物の木造による小田原城普請の可能性について考える。



 併せて、8日に「小田原城・総構見学ツアー」も実施。知識豊富なガイドによる解説を聞きながら、中世日本一の規模を誇った小田原城の総構を巡る。集合は小田原市民会館に9時。定員60名。参加費は2000円(昼食の弁当代含む)。



 シンポジウム開催時間は14時?17時30分。参加無料。



【関連記事】

小田原で「さくらフェスティバル」?複数の催しを同時開催(小田原箱根経済新聞)

小田原城で「小田原おでんサミット」開催へ?ご当地おでん一堂に(小田原箱根経済新聞)

実話怪談イベント「恐国BASARA」、築100年超の能楽堂で開催(烏丸経済新聞)

小田原城木造化を考えるシンポジウム




これからも最新ニュースやトピックスをどんどんお届けしていきます。
「小田原城木造化による城普請シンポ開催へ−総構見学ツアーも実施 /神奈川(みんなの経済新聞ネットワーク)」のようなタイムリーな話題に関する情報をチェックしてみてください!
是非またお?ち寄り下さいね!



posted by みなみ7sje at 14:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「横須賀で原発ドキュメント映画上映−1980年代の土本典昭監督作品 /神奈川(みんなの経済新聞ネットワーク)」の最新ニュースに注目です!

「横須賀で原発ドキュメント映画上映−1980年代の土本典昭監督作品 /神奈川(みんなの経済新聞ネットワーク)」に関するニュース最新の話題です。
本日の「横須賀で原発ドキュメント映画上映−1980年代の土本典昭監督作品 /神奈川(みんなの経済新聞ネットワーク)」に関して、新しいニュースが報道されました。
この記事は要チェック!見逃せませないニュースです!


Yahoo!ニュース
横須賀で原発ドキュメント映画上映−1980年代の土本典昭監督作品 /神奈川(みんなの経済新聞ネットワーク)

 横須賀中央の「ヴェルクよこすか」(横須賀市日の出町1)で3月20日、1980年代に原発ドキュメント映画を制作した故・土本典昭監督の2作品「原発切抜帖」「海盗り?下北半島・浜関根」の上映会が行われる。主催はヨコスカ・シネクラブ。(横須賀経済新聞)



 「原発切抜帖」は1982年制作。1979年のスリーマイル島原発事故などを機に、土本監督が長年切り抜きを続けてきた新聞記事のスクラップから「原子力」をテーマにした実験作。新聞記事と俳優・小沢昭一さんの軽妙な語りでつづる「シネエッセイ」として話題を呼んだ作品。上映時間45分。



 「海盗り」は、1984年度ベルリン映画祭インターナショナル・フォーラム・オブ・ヤングシネマ出品。1981年、原子力船「むつ」の母港建設予定地となった青森県下北半島の小さな漁村・関根浜を舞台に、漁業権をめぐる攻防を描いたドキュメンタリー。漁師の網元で一人芝居の役者・松橋勇蔵さんが同映画を企画、土本監督作品。上映時間103分。



 同シネクラブは「80年代の原発ドキュメント映画を見ることで、原発を取り巻く社会状況を見直すことができたら」という。



 開催時間は、15時50分?「原発切抜帖」、16時50分?「海盗り」。会費500円。会員制(当日入会受付可能)。問い合わせは同クラブ(TEL 080-5546-4337)まで。



【関連記事】

横須賀で舞踏家「大野一雄の世界」シネマ上映?舞踏パフォーマンスも(横須賀経済新聞)

ドキュメンタリー映画「がんばっぺフラガール!」、3・11に合わせ広島で上映(広島経済新聞)

岩井俊二監督「friends after 3.11」、渋谷で上映?「日本の未来」つづる(シブヤ経済新聞)

渋谷で実録映画「プリピャチ」?チェルノブイリから12年後の町を捉える(シブヤ経済新聞)

「NY平和映画祭」開催へ?「ミツバチの羽音と地球の回転」プレミア上映も(ニューヨーク経済新聞)




これからも最新ニュースやトピックスをどんどんお届けしていきます。
「横須賀で原発ドキュメント映画上映−1980年代の土本典昭監督作品 /神奈川(みんなの経済新聞ネットワーク)」のようなタイムリーな話題に関する情報をチェックしてみてください!
是非またお?ち寄り下さいね!



posted by みなみ7sje at 09:04| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「「米屋のおにぎり屋 菊太屋米穀店」大丸梅田店が刷新−日替わり米で販売 /大阪(みんなの経済新聞ネットワーク)」の最新ニュースに注目です!

「「米屋のおにぎり屋 菊太屋米穀店」大丸梅田店が刷新−日替わり米で販売 /大阪(みんなの経済新聞ネットワーク)」に関するニュース最新の話題です。
本日の「「米屋のおにぎり屋 菊太屋米穀店」大丸梅田店が刷新−日替わり米で販売 /大阪(みんなの経済新聞ネットワーク)」に関して、新しいニュースが報道されました。
この記事は要チェック!見逃せませないニュースです!


Yahoo!ニュース
「米屋のおにぎり屋 菊太屋米穀店」大丸梅田店が刷新−日替わり米で販売 /大阪(みんなの経済新聞ネットワーク)

 大丸梅田店地下1階に出店する「米屋のおにぎり屋 菊太屋米穀店」が展開商品と店舗の一部をリニューアルし、3月9日(金)にオープンした。(デパチカドットコム)



 昨年3月、地下2階に出店する米のセレクトショップ「菊太屋米穀店」が手掛けるおにぎり専門店3店舗目として出店した同店。「冷めてもおいしい」を基準に選んだ京都丹後産こしひかりで手作りのおにぎりを販売。平日はランチや晩ご飯の一品として、週末はファミリー層のレジャー対応として好評を得ているという。



 今回のリニューアルでは、「もっと米そのものに焦点を当てたおにぎりを提供したい」と、米屋ならではの強みをさらに生かし、品種や生産者による味わいの違いを手軽に楽しめるよう1週間毎日異なる米を使用。具材で選びがちなおにぎりだが、「米の品種や、作り手で選ぶおにぎりの楽しみ方もある」と話す広報担当の石川浩代さん。「おにぎりにすると『粘り』『つや』『香り』『甘み』などの味わいが品種よって違うのが分かる。そんなおにぎりの味わいの変化を日替わりで提供していきたい」。



 使用するのは、NASAの最先端技術を導入した新潟県越路産「こしひかり」(=日曜)をはじめ、北海道の新品種「ゆめぴりか」(=水曜)、山形県庄内産の新品種「つや姫」(=金曜)、良質な有機肥料で土作りから取り組む生産者の松村さん親子が手掛ける京都丹後産「こしひかり」(=土曜)など7種類。店頭では毎日、使用する米の品名を表示し、7種類の米全てを地下2階の「菊太屋米穀店」で販売する。さまざまな米の品種を紹介するだけでなく、「米屋が作るおにぎりのおいしさにもこだわっている」と石川さん。



 具材はこれまで通り、定番12種類と季節限定2種類を用意(130円?220円)。おにぎり(梅、昆布、鮭)を詰め合わせた「3個組み」のほか、「鮭」「だし巻き」「目刺し」の弁当3種を展開する(380円?650円)。



【関連記事】

菊太屋米穀店

大丸梅田店




これからも最新ニュースやトピックスをどんどんお届けしていきます。
「「米屋のおにぎり屋 菊太屋米穀店」大丸梅田店が刷新−日替わり米で販売 /大阪(みんなの経済新聞ネットワーク)」のようなタイムリーな話題に関する情報をチェックしてみてください!
是非またお?ち寄り下さいね!



posted by みなみ7sje at 04:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。