スポンサードリンク

2012年04月07日

「京都で「バッタもんのバッタもん」展−作品「バッタもん」の型紙使い大量発生へ /京都(みんなの経済新聞ネットワーク)」の最新ニュースに注目です!

「京都で「バッタもんのバッタもん」展−作品「バッタもん」の型紙使い大量発生へ /京都(みんなの経済新聞ネットワーク)」に関するニュース最新の話題です。
本日の「京都で「バッタもんのバッタもん」展−作品「バッタもん」の型紙使い大量発生へ /京都(みんなの経済新聞ネットワーク)」に関して、新しいニュースが報道されました。
この記事は要チェック!見逃せませないニュースです!


Yahoo!ニュース
京都で「バッタもんのバッタもん」展−作品「バッタもん」の型紙使い大量発生へ /京都(みんなの経済新聞ネットワーク)

 京都のギャラリー「ARTISLONG(アーティスロング・京都市中京区三条通堀川西入ル、075-841-0561)で4月10日から、企画展「バッタもんのバッタもん」が開催される。(烏丸経済新聞)



 京都にアトリエを構える美術家・岡本光博さんの作品「バッタもん」と、公募で集まった「『バッタもん』のバッタもん作品」を中心とした同展。岡本さんの「バッタもん」とは、ルイ・ヴィトンのバッグを解体してバッタの形に仕立てた作品。2010年に神戸ファッション美術館で展示されたが、同社から商標権の無断使用に当たるとクレームを受け同館が撤去した。作品の型紙も一度撤去されたが、再展示へ。同時に配布をしていた型紙を使い帽子店「ビザール」(中京区)の内田さんが作品を制作し、人を通して岡本さんが知ることに。こうした「バッタもんのバッタもん」の広がりが同展のきっかけとなった。



 「私たちは企業から宣伝などを通してイメージを一方的に受ける側に立たされている。それを打ち返すことで社会に問いかけを行いたい」と岡本さん。中には絞りや染めの作家の手掛けた作品や身近な素材を使ったものも。「どれも丁寧に作られていて企業や団体、キャラクターへの愛情が込められていることがわかる」。同時に、作ることを楽しむ人の情熱も伝わってきたという。「90歳の方から30を超える作品が送られてきた。自分自身一体作るのも大変なのに本当に感動した」



 「クリエイティブコモンズ(権利者が限定された権利だけを主張する著作権ルール)」を取り入れる企業も増えてきた。企業とその受け手がアートを共に楽しみ、フィードバックすることでより文化は飛躍するのでは」と期待を込める。



 会場では、バッタの作者がギャラリーの床の好きな位置に作品を置く。「バッタの大量発生による『蝗害(こうがい)』で、ギャラリーに足の踏み場もないカオスな状態が出来上がれば」。100を超えるバッタが持ち込まれる見込みだという。



 開催時間は12時?19時(最終日は17時まで)。月曜休廊。4月22日まで。



【関連記事】

企画展のきっかけとなった「ジョン・ガリアーノ君」

京都で個展「ふともものくに」?女子高生の太ももから「終わりの可能性」見る

バッタもんのバッタもん




これからも最新ニュースやトピックスをどんどんお届けしていきます。
「京都で「バッタもんのバッタもん」展−作品「バッタもん」の型紙使い大量発生へ /京都(みんなの経済新聞ネットワーク)」のようなタイムリーな話題に関する情報をチェックしてみてください!
是非またお?ち寄り下さいね!



posted by みなみ7sje at 20:36| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「国立・谷保に古民家カフェ−地元のお母さんが作る「母めし」提供 /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)」の最新ニュースに注目です!

「国立・谷保に古民家カフェ−地元のお母さんが作る「母めし」提供 /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)」に関するニュース最新の話題です。
本日の「国立・谷保に古民家カフェ−地元のお母さんが作る「母めし」提供 /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)」に関して、新しいニュースが報道されました。
この記事は要チェック!見逃せませないニュースです!


Yahoo!ニュース
国立・谷保に古民家カフェ−地元のお母さんが作る「母めし」提供 /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)

 国立・谷保の甲州街道沿いの「やぼろじ」(国立市谷保)敷地内にある「やま森カフェ」が4月7日、オープンする。(立川経済新聞)



【画像】 カフェの店内の様子



 「やぼろじ」は、江戸時代からの旧家、本田家の一角の約320坪の敷地で、カフェ、工房、ガーデン、シェアハウスを展開。運営はやまもり(谷保)。同社は、素朴な母の味を提供する「母めし食堂」を、社員食堂に導入する企画・管理・運営などのコンサルティングを行う。



  同店では、地元産を中心とする安全で旬の国産食材・調味料を使い、地元のお母さんたちが作る健康的で季節感のある「母めし」を提供する。メニューは「母めし日替わり定食」(950円?)、「週替わり丼」(950円?)、「月替わりカレー」(1,000円?)、「手作りドリンク」(400円、食事とセットの場合は250円)、「手作りケーキ」(400円?、食事とセットの場合は200円)など。



  同店の欠掛(かんかけ)さんは「母めしと古民家の和室で心も体もホッとできると思う。お母さんの手料理やおいしい和食が食べたい方、ハードワークでお疲れの方、子どもと一緒にくつろぎたい方、和の雰囲気を味わいたい方、広い庭を見て癒やされたい方など、いろいろな方に来てほしい」と話す。「地元の方たちがフラッと立ち寄ったり、家族会議や地域のイベントなどで利用したりと、地域の方が集えるカフェを目指したい」とも。



  営業時間は11時30分?16時(土曜・日曜・祝日は20時まで)。木曜定休。



【関連記事】

カフェから見た夜の庭(関連画像)

国立・谷保の旧家跡地でガーデンイベント?アートマーケットやライブなど(立川経済新聞)

やぼろじ




これからも最新ニュースやトピックスをどんどんお届けしていきます。
「国立・谷保に古民家カフェ−地元のお母さんが作る「母めし」提供 /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)」のようなタイムリーな話題に関する情報をチェックしてみてください!
是非またお?ち寄り下さいね!



posted by みなみ7sje at 15:36| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「水戸で「お散歩アート」展−現代作家と障がい者施設が作品発表 /茨城(みんなの経済新聞ネットワーク)」の最新ニュースに注目です!

「水戸で「お散歩アート」展−現代作家と障がい者施設が作品発表 /茨城(みんなの経済新聞ネットワーク)」に関するニュース最新の話題です。
本日の「水戸で「お散歩アート」展−現代作家と障がい者施設が作品発表 /茨城(みんなの経済新聞ネットワーク)」に関して、新しいニュースが報道されました。
この記事は要チェック!見逃せませないニュースです!


Yahoo!ニュース
水戸で「お散歩アート」展−現代作家と障がい者施設が作品発表 /茨城(みんなの経済新聞ネットワーク)

 水戸のギャラリーしのざき(水戸市泉町1、TEL 029-353-6805)で4月24日から、「LABOLABO!続・お散歩アート」展が開催される。(水戸経済新聞)



 同展は現代美術作家の折元立身さん、松尾栄太郎さん、タチアキヒロさんらのアーティストと社会福祉法人筑紫会真壁授産学園、真壁厚生学園、桜川市心身障がい者福祉作業所「時計台」がコラボし、段ボールで作った「アートわんこ」、書を使ったインスタレーションなどのアート作品を展示する。



 2011年のいばらきデザインセレクションの知事選定を受けたアートコラボ活動で、1月のつくば美術館に次ぐ2回目の巡回展。



 開催時間は11時?19時(最終日は16時まで)。月曜定休。入場無料。5月6日まで。



【関連記事】

秋田で聴覚障がいへの理解深めるイベント?SPEED今井絵理子さんら迎え(秋田経済新聞)

那覇で「車いす花嫁ドレス」展?パーティードレス、デザインシャツも展示(那覇経済新聞)

パシフィコで日本フラワーデザイン大賞コンテスト-国内最大級(ヨコハマ経済新聞)

松山・鷹子町に焼き肉店「野野」?障がい者就労訓練も(松山経済新聞)

ギャラリーしのざき




これからも最新ニュースやトピックスをどんどんお届けしていきます。
「水戸で「お散歩アート」展−現代作家と障がい者施設が作品発表 /茨城(みんなの経済新聞ネットワーク)」のようなタイムリーな話題に関する情報をチェックしてみてください!
是非またお?ち寄り下さいね!



posted by みなみ7sje at 10:36| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「銀座線1000系車両でギャラリー企画−和光・時計塔と銀座線の歴史を紹介 /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)」の最新ニュースに注目です!

「銀座線1000系車両でギャラリー企画−和光・時計塔と銀座線の歴史を紹介 /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)」に関するニュース最新の話題です。
本日の「銀座線1000系車両でギャラリー企画−和光・時計塔と銀座線の歴史を紹介 /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)」に関して、新しいニュースが報道されました。
この記事は要チェック!見逃せませないニュースです!


Yahoo!ニュース
銀座線1000系車両でギャラリー企画−和光・時計塔と銀座線の歴史を紹介 /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)

 4月11日に運行が始まる東京メトロ銀座線・新型車両1000系で同日より、「和光」時計塔(中央区銀座4)や銀座線の歴史を写真で紹介する記念企画「フォトギャラリートレイン」が行われる。(銀座経済新聞)



【画像】 セイコーの歴史を紹介する窓上片面



 昭和初期を思わせるレトロな外観を復活させた新型車両のデビューに合わせて展開。東京メトロ銀座線開業85周年と、時計塔竣工80周年が重なったことからタイアップし、6両1編成を使って、時計塔や銀座線の歴史を紹介する。



 中づりでは時計塔と銀座線の画像を1枚のシートに並べて掲載し、時代を追って紹介。窓上では片面で銀座線の歴史を、もう片面でセイコーの歴史を紹介するほか、ドア横、窓、ビジョン、車両の先頭と最後尾部分のスペース全てでフォトギャラリーを展開する。



 そのほか和光本館のウインドーディスプレーや、各時代を代表するセイコー時計、銀座線各駅にまつわるエピソードなども紹介。銀座駅構内でも、壁面パネルや柱巻きなどを使って同様のフォトギャラリーを展開する(4月24日まで)。



 時計塔は1932(昭和7)年6月10日に服部時計店(現セイコーホールディングス)の新社屋として誕生。その後小売り部門が高級専門店・和光として独立したことで、建物は和光本館へと名前を変えた。2009年に経済産業省により「近代化産業遺産」に認定され、今年竣工80年を迎える。



 銀座線は「地下鉄の父」と呼ばれる早川徳次が、1914(大正3)年にロンドン視察で出合った地下鉄に「魅せられた」ことをきっかけに建設がスタート。1927(昭和2)年12月30日、浅草?上野間に東洋初の地下鉄として開業した。2009年には同様に「近代化産業遺産」に認定され、今年で開業85周年を迎える。



 展開は4月30日まで。



【関連記事】

中づりでは「和光」時計塔と銀座線を紹介(関連画像)

東京メトロ銀座線新型車両「1000系」デビュー迫る?運行ダイヤ発表(シブヤ経済新聞)

東京メトロ、レモンイエローの銀座線新型車両「1000系」公開(銀座経済新聞)

東京メトロ




これからも最新ニュースやトピックスをどんどんお届けしていきます。
「銀座線1000系車両でギャラリー企画−和光・時計塔と銀座線の歴史を紹介 /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)」のようなタイムリーな話題に関する情報をチェックしてみてください!
是非またお?ち寄り下さいね!



posted by みなみ7sje at 05:36| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「広島・的場の雑貨店が11周年企画−アドベントカレンダー風に毎日新作入荷 /広島(みんなの経済新聞ネットワーク)」の最新ニュースに注目です!

「広島・的場の雑貨店が11周年企画−アドベントカレンダー風に毎日新作入荷 /広島(みんなの経済新聞ネットワーク)」に関するニュース最新の話題です。
本日の「広島・的場の雑貨店が11周年企画−アドベントカレンダー風に毎日新作入荷 /広島(みんなの経済新聞ネットワーク)」に関して、新しいニュースが報道されました。
この記事は要チェック!見逃せませないニュースです!


Yahoo!ニュース
広島・的場の雑貨店が11周年企画−アドベントカレンダー風に毎日新作入荷 /広島(みんなの経済新聞ネットワーク)

 作家40人がハンドメードで作ったアイテムを取り扱う的場の雑貨店「bien sur(ビァンスール)」(広島市南区的場町、TEL 090-4208-0770)で4月1日から、オープン11周年を記念したイベントが開かれている。(広島経済新聞)



【画像】 今年1月、ビルの3階から1階フロアへ移転した同店



 アクセサリーやジュエリー、洋服、バッグ、布小物など、広島を中心とした作家が手作りする商品を取り扱う同店が開くのは、4月の1カ月間を使ったマンスリーイベント。



 「イメージはアドベントカレンダー」と同店オーナーの宮崎麻美子さん。カウントダウン形式でカレンダーの引き出しを裏返していき、最後には季節に合ったイラストが表れる玩具菓子のように、「魅惑的なお菓子のように、新しいアイテムに出合えるイベントにしたい」とも。期間中は毎日、「誰かの何かしらの新作が届く」という。



 このほか、「ミカ GRAND CAFE」(西区庚午中3)のスイーツも販売するほか、生花や羊毛を使ったワークショップなども開く予定。会期中は定休日も臨時営業を行い、通常よりも営業日を増やす。



 営業時間は11時?17時(土曜・日曜は19時まで)。今月29日まで。



【関連記事】

ビルの2階・3階フロアはフリースペースとして貸し出しも行う(関連画像)

広島の「木村兄弟雑貨店」、カフェで3周年イベント「木村兄弟万博」(広島経済新聞)

子どもの笑顔モチーフの陶器ベル?広島の陶芸家、震災支援で制作(広島経済新聞)

カフェ好きの女性がカフェ開業?食材・空間にこだわり念願果たす(広島経済新聞)

biensur




これからも最新ニュースやトピックスをどんどんお届けしていきます。
「広島・的場の雑貨店が11周年企画−アドベントカレンダー風に毎日新作入荷 /広島(みんなの経済新聞ネットワーク)」のようなタイムリーな話題に関する情報をチェックしてみてください!
是非またお?ち寄り下さいね!



posted by みなみ7sje at 00:36| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。