スポンサードリンク

2012年04月22日

「東日本橋に洋食店「まつおか」−カナダ帰りの夫婦が出店 /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)」の最新ニュースに注目です!

「東日本橋に洋食店「まつおか」−カナダ帰りの夫婦が出店 /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)」に関するニュース最新の話題です。
本日の「東日本橋に洋食店「まつおか」−カナダ帰りの夫婦が出店 /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)」に関して、新しいニュースが報道されました。
この記事は要チェック!見逃せませないニュースです!


Yahoo!ニュース
東日本橋に洋食店「まつおか」−カナダ帰りの夫婦が出店 /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)

 東日本橋駅近くに3月5日、洋食店「まつおか」(中央区東日本橋1、TEL 03-3865-8805)がオープンした。(日本橋経済新聞)



【画像】 ハーブと塩麹(こうじ)で風味付けした「塩麹ローストチキン」(500円)



 オーナーシェフの松岡治男さんは、日本で洋食・和食・フレンチを学んだ後、妻の美穂さんとカナダに渡り、ウエスト・バンクーバーですし店「Nishiki Sushi」を12年経営。同店は利用客からの要望でオリジナルメニューを作り、オーダーした人の名前を付けるサービスを提供し、人気を呼んだという。



 「自身と両親の年齢を考え、また日本で新しいことにチャレンジしたい」と2010年に帰国。「女性が一人でも入りやすい店を作りたい」と、洋食店での出店を決めた。その後、1年半ほどを掛けて都内を回り現在の物件に出合った。



 店舗面積は12坪。席数は、カウンターとテーブル席を合わせ20席。外から店内をのぞける大きな窓と温かい色の照明を配した空間に、カウンターの客と会話しながら調理できるオープンキッチンスタイルを採用する。ひらがなの店名と丸文字のロゴで、やさしい印象にこだわった。



 さまざまな業態の経験を持つ治男さんの料理はオリジナリティーが持ち味。ローズマリー・タイムなどのハーブと塩麹(こうじ)で風味付けした鶏ムネ肉を使った「塩麹ローストチキン」(500円)は、モモ肉のようなしっとりとした食感とムネ肉のヘルシーさを両立させた。塩麹から来る甘みは試作時の意外な発見だったという。パン(300円)は治男さん直伝のレシピによる美穂さんの手作りで、口当たりのやさしい「焼き黒カレー」(1,200円)とも相性がいい。



 デザートメニューはプリンのみ。「シェフが一人なので、デザートは一品に絞った。プリンは誰からも愛されるし、自分もプリン好き」と治男さん。バニラビーンズから作るカラメルソースにこだわった一品には、1人で2個注文するほどのファンも。メニューに掲載していない「裏メニュー」だが、オーダーがあれば300円で提供する。客単価は3,000?4,000円。



 ランチタイムには、「ハンバーグとエビフライ」「フライ盛り合わせ」「ポークしょうが焼き」(以上ライスまたはパン、サラダ、スープ、コーヒー付き)などを1,000円で提供する。



 営業時間は、ランチ=11時30分?14時30分(土曜は12時?14時)、ディナー=17時?21時(金曜は22時、土曜は20時まで)。日曜・祝日定休。



【関連記事】

人形町の洋食店「小春軒」が創業100年?メニューにオムライスがない理由は?(日本橋経済新聞)

人形町に精肉店直営の居酒屋「小松屋」?手作りソーセージや塊肉を提供(日本橋経済新聞)

ローソン×日本橋の老舗洋食店「たいめいけん」?コラボ商品限定販売(日本橋経済新聞)

小伝馬町にワンコインカレー店「麹町カリー」?プラザクリエイトが出店(日本橋経済新聞)




これからも最新ニュースやトピックスをどんどんお届けしていきます。
「東日本橋に洋食店「まつおか」−カナダ帰りの夫婦が出店 /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)」のようなタイムリーな話題に関する情報をチェックしてみてください!
是非またお?ち寄り下さいね!



posted by みなみ7sje at 05:38| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。