スポンサードリンク

2012年04月22日

「六本木ヒルズ屋上に「ディズニー」キャラ120体−森田恭通さんがディレクション /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)」の最新ニュースに注目です!

「六本木ヒルズ屋上に「ディズニー」キャラ120体−森田恭通さんがディレクション /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)」に関するニュース最新の話題です。
本日の「六本木ヒルズ屋上に「ディズニー」キャラ120体−森田恭通さんがディレクション /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)」に関して、新しいニュースが報道されました。
この記事は要チェック!見逃せませないニュースです!


Yahoo!ニュース
六本木ヒルズ屋上に「ディズニー」キャラ120体−森田恭通さんがディレクション /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)

 六本木ヒルズ・森タワー屋上のスカイデッキ(港区六本木6)に4月20日、ウォルト・ディズニー生誕110周年を記念した「スカイ・ドリーム・デッキ」、52階に「スカイ・ドリーム・ショップ」が登場した。(六本木経済新聞)



【画像】 ミラーボールから現れる体長60センチメートルのミッキーマウス



 日本国内におけるディズニー商品関連イベントでは、海抜270メートルという史上最も高い場所での実施となる「スカイ・ドリーム・デッキ」。アートディレクターに世界を舞台に活躍する森田恭通さんを迎え、ディズニーの主要キャラクター120体が織り成す音と光のインスタレーションを展開する。



 「ここ、六本木でしかできないことは何かと考え、『ハッピー』を提案したかった。これはウォルト・ディズニーが常に考えていることと同じ」と森田さん。ミラーボールから体長60センチメートルのミッキーマウスが登場すると、それを合図に約120体のキャラクター・オブジェが華やかな照明とディズニーの名曲に合わせクルクル回転し、ディスコのようなパフォーマンスを繰り広げる。お披露目を前に森田さんは「感無量。この高さでの展開は難しかったが、風速80メートルあってもビクともしない」と話す。



 52階に設けられた「スカイ・ドリーム・ショップ」では、ウォルト・ディズニー・ジャパン(目黒区)とのライセンス契約に基づいて企画された限定グッズをはじめ、「大人かわいい」をコンセプトにセレクトされたディズニー商品をそろえる。



 「昼間は太陽光で、夜間は音楽と照明でディスコのように大人が楽しめる世界観を表現したので、ぜひ体感してほしい」と森田さん。



 営業時間は10時?22時(スカイ・ドリーム・デッキは11時?)。料金は、展望台入場料として、一般=1,500円、高校・大学生=1,000円、4歳?中学生=500円のほか、スカイ・ドリーム・デッキの入場に、一般・高校・大学生=500円、4歳?中学生=300円が必要。12月25日まで。



【関連記事】

アートディレクションを担当した森田恭通さん(関連画像)

篠山紀信さんが撮影した東京ディズニーリゾート?東京ミッドタウンで写真展(六本木経済新聞)

ミッキー・ミニーマウスがテープカット、ディズニー写真展で(六本木経済新聞)

横浜元町にディズニー生誕110周年限定商品-純金小判、千両箱(ヨコハマ経済新聞)

六本木ヒルズ




これからも最新ニュースやトピックスをどんどんお届けしていきます。
「六本木ヒルズ屋上に「ディズニー」キャラ120体−森田恭通さんがディレクション /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)」のようなタイムリーな話題に関する情報をチェックしてみてください!
是非またお?ち寄り下さいね!



posted by みなみ7sje at 00:38| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。